« 809.正しいお金の考え方13.【師匠における会計の位置づけ】(3)② | トップページ | 811.頑張ってるつもり »

2021年4月22日 (木)

810.質か、量か

先日、私の経営塾に初めて参加された経営者から、「努力、行動は、『量』ではなく『質』が大事なのではないか?」とご質問をいただきました。

確かに『質』も大事ですが、まずは『量』が大事だとお答えしました。

例えば、野球でもテニスでも、最初からプレーの『質』を求めることはできません。

まずは少しずつ練習して、だんだん上達していきます。

基本的なことができるようになってはじめて『質』が向上していくのですね。

下手なうちから『質』を求めても、なかなか上達はしません。

『量』をこなすから『質』が向上するのであって、いくらスキルを頭で学んでも『質』は向上しないのですね。

さらに、この自然界(宇宙)は、『質』ではなく『量』に二乗法則が働くようになっています。

なぜか『質』には働かないのですね。

だから『質』だけを追い求めてもダメなのです。

競争の法則であるランチェスター法則も、『質』ではなく『量』に二乗法則がかかるから成り立っているのです。

だから、まずはコツコツと努力を積み重ね、競争相手に行動の『量』で絶対に負けないようにすることです。

そうすれば自然と力がついて『質』も向上します。

そして、さらに研究しながら努力して『質』を向上させていくことで、もう競争相手はついてくることができなくなります。

どうか、そこまで辛抱して、コツコツと努力の『量』を増やしていってください。

「努力は裏切らない」

この言葉は真実です。

 

|

« 809.正しいお金の考え方13.【師匠における会計の位置づけ】(3)② | トップページ | 811.頑張ってるつもり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 809.正しいお金の考え方13.【師匠における会計の位置づけ】(3)② | トップページ | 811.頑張ってるつもり »