« 808.正しいお金の考え方12.【師匠における会計の位置づけ】(3)① | トップページ | 810.質か、量か »

2021年4月15日 (木)

809.正しいお金の考え方13.【師匠における会計の位置づけ】(3)②

さらにその決算書は、ただ経営の内容が分かればよいのではなく、永続的に安定し、発展するための決算書になっていなければならないのです。

永続的安定、発展とは、世の中で使われている言葉でいうと持続可能性ですね。

具体的には、超筋肉質な決算書、すなわち「美しい決算書」であることが必要で、それはダムに溜まった水を必要なときに必要なだけ流すという松下幸之助さんのダム式経営が代表的な例で、それを師匠は「土俵の真ん中で相撲を取る」という表現をされます。

土俵際で苦し紛れに投げを打ったりしないで、そんな力があるのなら余裕のある土俵の真ん中で投げを打てというのです。

すなわち余裕のある経営をしようということですね。

そのためには、決算書には無駄なもの、必要のないものが計上されていないことが大事です。

人間の身体に例えると、徹底的に鍛え抜かれたアスリートの、筋肉だけの贅肉のない美しい肉体のような決算書になっていることが肝要です。

そして、このダムに貯めるという考えは、お金だけでなく、人材にしても、技術にしても、営業力にしても、すべてにおいて土俵の真ん中で相撲を取る、すなわち余裕のある経営を目指すということです。

さらにこの会計は、事業の経営だけでなく、家庭の経営、自治体の経営においても同じだとおっしゃいます。

会計の歴史的意味は、もともと税務署に税金を払うために存在しているのではなく、自分が経営する指標のために存在しているのですね。

よって、経営に役立たない会計ではまったく意味がないのです。

 

|

« 808.正しいお金の考え方12.【師匠における会計の位置づけ】(3)① | トップページ | 810.質か、量か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 808.正しいお金の考え方12.【師匠における会計の位置づけ】(3)① | トップページ | 810.質か、量か »