« 806.正しいお金の考え方11.【師匠における会計の位置づけ】(2)② | トップページ | 808.正しいお金の考え方12.【師匠における会計の位置づけ】(3)① »

2021年4月 1日 (木)

807.辛い経験から這い上がる

3月28日(日)、大相撲の千秋楽があり、大関から序二段まで陥落した照ノ富士関が優勝し、大関への返り咲きを確実にしました。

大相撲の階層は、上から、幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口の6階層もあり、十両以上の力士を関取と呼んで一人前になります。そして最上位である幕内は、上から、横綱、大関、関脇、小結、前頭筆頭(一枚目)~十六枚目の20段階もあるのですね。

照ノ富士関は、一度は最上位から二番目の大関まで上り詰めたにもかかわらず、膝のケガと内臓疾患で思うように相撲を取ることができず、ついには序二段まで落ちてしまったのです。いわゆるドン底まで落ちていったわけです。

大関のときの月給は200万円で身の回りの世話をする付き人までいましたが、序二段は給料なし、付き人なし。身の回りのことは修行時代のようにすべて自分でやらなければなりませんでした。

それが、前代未聞、序二段からの大関への復帰は奇跡ともいうべきもので、ここまでの復活劇は大相撲の歴史の中ではないようです。

大好きな酒もやめ、相撲のことしか考えず、ひたすら下半身を鍛え、心も強くなっていきました。

私は、正直なことを言うと、前大関時代の照ノ富士関は生意気そうであまり好きではありませんでしたが、ドン底まで落ちて這い上がる不撓不屈の精神とひたむきな努力には、心から敬意を表します。本当に立派です。

私たちは、師匠から「何くそっ!負けてたまるか!」という、いかなる格闘技にも勝る激しい闘争心を持てと教わっていますが、まさにこれなんですね。

照ノ富士関にとっては、ここからが本当の勝負だと思いますが、ホッコリせずに、是非とも最上位の横綱になっていただきたいと願っています。

|

« 806.正しいお金の考え方11.【師匠における会計の位置づけ】(2)② | トップページ | 808.正しいお金の考え方12.【師匠における会計の位置づけ】(3)① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 806.正しいお金の考え方11.【師匠における会計の位置づけ】(2)② | トップページ | 808.正しいお金の考え方12.【師匠における会計の位置づけ】(3)① »