« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月26日 (木)

789.あなたはプロですか?

プロテニスの錦織圭選手や大坂なおみ選手は、自分でどの大会に出て何位に入るかを決め、自主的に専属コーチを決めて練習やトレーニングをし、自分でラケットや備品を買って、毎日真剣にがんばっています。

当たり前のことですが、これがプロです。

われわれ社会人も、お客様や会社から給料をもらって仕事をしていますからプロですね。

お客様は、素人に仕事を任せたりしませんから、当然われわれをプロだと思って依頼してくださっています。

だから、われわれも立派なプロです。

しかし、プロスポーツ選手のように自主的に考えて行動しているでしょうか?

給料がもらえないからやろう、上司に叱られるからやろうなんて、義務的にやっていないでしょうか。

面倒だ、がんばって働くなんてバカバカしい、手を抜きながら上手にやればいい・・・、そんなふうに思っていないでしょうか。

プロであれは、どうしたら勝てるか、どうしたらもっといいプレーができるかを、毎日毎日、真剣に考えて必死に努力をしています。

だからこそ、試合に負ければ悔しいし、勝てば心の底から喜びを感じるのです。

われわれは仕事が上手くいかないとき、悔しいと思っているでしょうか?

仕事が上手くいったとき、心の奥底から「やった!」と喜びを感じているでしょうか?

そうでなければプロではありません。

それでは素人、アマチュアです。学生のアルバイトのようなものです。

さて、あなたはプロですか? プロになりたいですか?

 

 

| | コメント (0)

2020年11月19日 (木)

788.性格がそのまま行動に出る

世の中の人々は、毎日それぞれの行動をしていますが、その行動はみな違います。

どうして皆さんの行動は違うのでしょうか?

それは、それぞれの考え方や思いが違うからですね。心の中が違うわけです。

人は、自分が考えたように動き、自分が思ったように行動します。

無意識に行動することもありますが、それも、その人の心の中にあるもの、すなわちその人のそれまでの考えや思いが潜在意識に蓄積されていて、それが行動として表れてくるわけですから、結局はそれも考えや思いということになります。

この考え方や思いは、心そのものであり、その人の性格でもあります。

人間の心は一人ひとり違いますから、性格も違うのです。だから行動も違うのですね。

双子のそっくりさんも、性格が同じでなければ行動が違うのです。

このように、人間の性格は行動に表れるのですね。

師匠も、会社経営は社長の性格のままになるといいます。

粗雑な人は粗雑な経営、緻密な人は緻密な経営、優しい人は優しい経営、冷酷な人は冷酷な経営になるといいます。

だから経営を見ればその経営者の性格がわかるのですね。

そして、性格は行動だけでなく、人相に表れます。

心がきれいな人はいい人相、暗い人は暗い人相、明るい人は明るい人相になります。

心の中は見えないから、どんなことを考えても、また思っても大丈夫だという人がいますが、そうではないのですね。

あなたの性格は、自分でも気づかないうちに行動と人相に表れているのです。

だからこそ、師匠は「心を高めなさい」とおっしゃっているのだと思います。

 

 

| | コメント (0)

2020年11月12日 (木)

787.コツコツ努力しても成功しない

寓話「蟻とキリギリス」や「ウサギと亀」のように、小さな歩みでもコツコツと努力を続けていれば必ず成功するというような話がありますが、本当にそうでしょうか?

世の中には、コツコツと努力しているのに、いつまで経ってもウダツが上がらない、なかなか幸せになれない人もたくさんいます。

でも、コツコツと努力しても意味がないかといえばそうではありません。

地道な努力は、勉強でも、スポーツでも、仕事でも、すべてにとって、とても大事なことです。

ポイントは、ただ努力をするのではなく、工夫しながら努力をするということなのですね。考えながら努力をするということです。

師匠は、工夫と努力はセットだと教えてくださっています。

そうすれば、たとえ歩みは小さくても必ず改良改善されていくのですね。

世の中には人の言うことを聞かないで、ひたすら自分のやり方や考えに固執する人がいます。

そういう素直でない頑固な人は、残念ながら成長しませんから、とても効率の悪い人生を送っています。

過去の偶発的な小さな成功体験からこのやり方がいいんだとか、あの(たまたま)成功している人がやっているから大丈夫だとか、自分の小さな枠の中でしか考えられないのですね。

恥ずかしながら、20年くらい前の私もそうでした。

でも師匠からご指導いただくようになって、自分の小さな枠の外にはいくらでも素晴らしい考え方や方法があることがわかりました。

さあ皆さん、勇気を出して、素直な心で、自分の枠を壊して、自分を変えていきませんか。

 

| | コメント (0)

2020年11月 5日 (木)

786.真珠婚式

30年目の結婚記念日のことを真珠婚式というのだそうです。

先週の金曜日、お陰様でこの真珠婚式を迎えさせていただきました。

因みに、35年 珊瑚婚式、40年 ルビー婚式、45年 サファイア婚式、50年 金婚式と続きます。

私は、1990年に27歳で結婚し、娘と息子の二人の子供に恵まれ、娘はt嫁ぎ孫が一人います。

息子は大学を卒業して東京で働いています。

父は1989年に亡くなりましたが、同居する母はとても元気で、家内と私の三人で平和に暮らしています。

32歳で創業した事業も26年経ちましたが、当初は大変苦労しましたが誰にも負けない努力の甲斐あって、今では安定した経営をしています。

この30年間、子どものこと、家計のこと、仕事のことなど、様々なことで家内には多大な苦労をかけてきましたが、よくもこんな男についてきてくれたものだと感心するとともに、感謝に堪えない気もちです。

仕事の資格を取るために突然仕事を辞めてしまい勉強に専念したときにも、1歳に満たない娘を預けて働いて家計を支えてくれました。

将来の保証のまったくない私についてきて、慎ましく貧しい生活を甘んじて受けてくれました。

資格が取れて開業しても仕事は思うようにいかず、土日も朝から晩までひたすら働くだけのウダツの上がらないダメ男に半ば諦めの思いもあったかもしれません。

それが、師匠からご指導いただくようになってから、人生の哲理というか法則がわかりだし、日々の行動を変えてきたことで、すべてが少しずつ善い方向へ変わってきました。

結婚して30年たった今、自分、家庭、仕事のすべてにおいて幸せに過ごさせていただいています。

ただただ感謝しかありません。

 

 

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »