« 783.健康はつくるもの | トップページ | 785.エゴの減らし方 »

2020年10月22日 (木)

784.優しさのレベル

優しい人は、世の中にたくさんいます。

師匠は、優しさのことを、親切、思いやり、利他、慈悲、愛などといい、この優しさには、小善から大善までレベルがあり、母親の我が子に対する愛情が最上級の優しさなのだと言われますが、いったい自分の優しさはどのくらいのレベルなのでしょうか?

私なりに考えてみましたが、一番下のレベル1から最上級のレベル8まで何段階もあるのではないかと思っています。

レベル1.いじめない

レベル2.見守ってあげる

レベル3.声をかけて慰めてあげる

レベル4.声をかけて元気づけてあげる

レベル5.手伝ってあげる、助けてあげる、モノやお金を与えてあげる

レベル6.モノやお金も与え、かつ、手伝ってあげる

レベル7.相手のために本気で叱ってあげる(感情で怒るのは優しさではなく利己です)

レベル8.見返りを求めず、レベル1~7をしてあげる

真の優しさは、与えて、与えて、与え続け、そして見返りをいっさい求めないのです。

師匠は、優しさのレベルが高ければ高いほど、宇宙と調和して、仕事も上手くいくし、人生も上手くいくとおっしゃっています。

 

 

 

|

« 783.健康はつくるもの | トップページ | 785.エゴの減らし方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 783.健康はつくるもの | トップページ | 785.エゴの減らし方 »