« 777.与えられて生きると苦しくなる | トップページ | 779.残念な人 »

2020年9月10日 (木)

778.与えて生きると楽になる

さて、前回のブログの続きです。

分数式「与える / 与えられる」の数値が、逆に、1を超えれば楽になりますから、これを意識して日々行動することが大事です。

与えられるより、与えた方が幸せになる。

この生き方に慣れてくると、だんだんわかってくるのですが、まず人間関係が楽になります。

こちらのほうが与えているのですから、相手は自然とこちらを気遣ってくれますし、こちらを立ててくれたりします。

少なくとも文句を言ったり、意地悪をしなくなりますから、ものごとが運びやすくなるのですね。

これを、人間関係だけでなく、様々なことに応用すればいいのです。

与えてばかりでは大変ですし、損したように思えますが、要するに、周囲の人が与えてくれたあなたを放っておけなくなるのですね。

周囲に与えていることで、だんだん、あなたは充たされるようになってくるのです。だからご安心ください。

しかし、与えるためには、与える力をもつことが必要です。

まずは、笑顔で思いやりの心で接することからはじめ、徐々に、自分の得意な分野でお役立ちしていけばいいのです。

高度なことをする必要はありません。相手から喜ばれれば、人のお役に立つことが楽しくなってきますから、また更に自分を向上させようという気もちも湧いてきます。

すると、更に向上してお役に立てるようになりますから、さらにまた楽しくなるという流れですね。

楽(らく)とは、楽しくなり、そして楽になる、ということなのです。

 

 

 

|

« 777.与えられて生きると苦しくなる | トップページ | 779.残念な人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 777.与えられて生きると苦しくなる | トップページ | 779.残念な人 »