« 775.ビビりでないと成功しない | トップページ | 777.与えられて生きると苦しくなる »

2020年8月27日 (木)

776.人を見て法を説く

昔からよく聞く言葉ですね。

その人をよく見て、その人のレベルに応じて話をしなさい、導きなさいということです。

「ついてこれるように育てなさい」と師匠が言うのは、こういうことなのだと思います。

しかし、この言葉を知っていても、なかなか実践できるものではありません。

それは、人間は、①人間力と②仕事力の二つの面があり、それぞれがどのくらいのレベルかによってまったく違うからです。

①人間力とは、人間性や心の力、性格など、②仕事力は、頭がいいかどうか、処理能力が高いかどうかなどですね。

それぞれの人が ①と②がまったく違うので、それぞれのレベルに応じて話をし、それぞれのレベルに応じて業務を任せてあげないと、ミスマッチを起こすのです。

要するに、小学生に高校レベルの話をしても、高校生に大人レベルの業務を任せても、なかなか簡単にはいかないのですね。

ですから、相手をよく見て、その人のレベルに合わせて導いてあげないといけないのです。

師匠は、われわれ弟子のレベルに合わせてご指導くださいます。

われわれが師匠に同じ話をしても、きつく叱られる弟子もいれば、甘く認めてもらう弟子もいます。

甘く認めてもらう場合は、「レベルの低いお前に言っても、わからんから」ということなのですが・・・(苦笑)。

しかし、それはわれわれを馬鹿にしているのではなく、その人のレベルに合わせてくれているのですね。

まさに、人を見て法を説くです。

ところで、われわれ弟子は師匠に叱ってもらえることが実力を認めていただいている証しといえますから、師匠に叱られることは勲章なのですね。

 

|

« 775.ビビりでないと成功しない | トップページ | 777.与えられて生きると苦しくなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 775.ビビりでないと成功しない | トップページ | 777.与えられて生きると苦しくなる »