« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月27日 (木)

776.人を見て法を説く

昔からよく聞く言葉ですね。

その人をよく見て、その人のレベルに応じて話をしなさい、導きなさいということです。

「ついてこれるように育てなさい」と師匠が言うのは、こういうことなのだと思います。

しかし、この言葉を知っていても、なかなか実践できるものではありません。

それは、人間は、①人間力と②仕事力の二つの面があり、それぞれがどのくらいのレベルかによってまったく違うからです。

①人間力とは、人間性や心の力、性格など、②仕事力は、頭がいいかどうか、処理能力が高いかどうかなどですね。

それぞれの人が ①と②がまったく違うので、それぞれのレベルに応じて話をし、それぞれのレベルに応じて業務を任せてあげないと、ミスマッチを起こすのです。

要するに、小学生に高校レベルの話をしても、高校生に大人レベルの業務を任せても、なかなか簡単にはいかないのですね。

ですから、相手をよく見て、その人のレベルに合わせて導いてあげないといけないのです。

師匠は、われわれ弟子のレベルに合わせてご指導くださいます。

われわれが師匠に同じ話をしても、きつく叱られる弟子もいれば、甘く認めてもらう弟子もいます。

甘く認めてもらう場合は、「レベルの低いお前に言っても、わからんから」ということなのですが・・・(苦笑)。

しかし、それはわれわれを馬鹿にしているのではなく、その人のレベルに合わせてくれているのですね。

まさに、人を見て法を説くです。

ところで、われわれ弟子は師匠に叱ってもらえることが実力を認めていただいている証しといえますから、師匠に叱られることは勲章なのですね。

 

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

775.ビビりでないと成功しない

師匠はご自分のことをビビりだといいます。

会社を始めてから、借金を返していけるかどうか、社員を食べさせていけるかどうか、心配で心配でたまらなかったそうです。

だから朝から晩まで必死に働きつづけたのですね。

決して利益が出なかったわけではないのです。設立1年目から10%以上の経常利益を出しつづけているのです。

でも根が真面目なので、社員を守っていくために、将来の売上をどうつくっていくのかを必死に考えながら、誰にも負けない努力をしつづけ、不況が来ても乗り越えられるようにと、徹底的に質素倹約に努め、お金を貯めていったのですね。

今回のコロナショックでも師匠の会社が大きな影響もなく安定しているのは、このビビりのおかげで、普段から、慎重に、慎重に、経営しているからなのですね。

師匠は、ビビりでないヤツは無謀で危なっかしいと言われます。

私もそう思います。

一時的な成功者ではなく、安定した長期的な成功者になりたかったら、ビビりになることです。

師匠のビビリとは、状況の変化に心をもっていかれて右往左往する状況妄動型ではなく、どんな状況に陥っても、社員みんなが生き残っていくために用意周到に緻密に企てて行動していくことなのです。

 

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

774.自分を否定する

これはけっして「自分をダメな人間だと思え」と言っているのではありません。

絶対に勘違いしないでください。

そうではなく、自分の間違っているところがあれば、素直に否定して、改善しようということです。

私は、長ずるにおよんでいろいろな経験をし、様々な勉強をしてくると、自分の概念や価値観などに違和感を感じることが出てきました。

自分の考えてきたことや信じてきたことが、「あれ? これは違うかな・・」となってきたわけです。

それが決定的になったのは、20年前、38歳で師匠に出会ったときです。

「自分が正しい、これが常識だ」と思ってきたことの中に、多くの間違いがあったことに気づいたのです。

それからというもの、間違っていた自分を少しずつ反省して直し、師匠から学んだ通りに生きようと、コツコツと自分を変えていきました。

お陰様で、私の人生は確実に好転しました。

38歳まで我(が)を張って「俺は正しい」と貫いてきたことが、本当に無駄なことだったと反省しています(苦笑)。

自分を否定する勇気をもつ。

この勇気は、人生に関わるとても大事な勇気だと思います。

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

773.叱れる人になる

あなたは人を叱れますか?

感情で「怒る」ではなく、相手のために「叱る」です。

叱る相手は、我が子であったり、後輩であったり、部下であったり、関係はさまざまです。

場合によっては、友人や先輩なんてこともあります。

叱ると相手はイヤな思いをしますし、叱る側も気まずいものです。よって人間関係を損なう可能性があります。

だから、なかなか叱れないのですね。

ではどうしたら叱れるのか・・・? 私の経験では、ポイントは4つかと思います。これも師匠から学んだことです。

①叱る勇気をもつこと

人間関係を壊すからやめておこう、嫌われたくないからやめておこう、という恐怖心が湧いてきますから、この恐怖心に打ち克つ「勇気」が必要です。思い切って叱ってみましょう。

②叱れる人物であること

自分がいい加減な人間ではなかなか叱れません。口先だけでなく行動が伴う実践の人、そして結果を出せる人になりましょう。

③信念をもつこと

自分が絶対に正しいという自信、いわゆる信念がないとなかなか叱れないものです。信念をもつには、真剣に考え抜くこと、そして実践して確信になっていることが大事です。

④叱ることは利他行であること

自分のためでなく相手のために叱るのであれば、それは利他行です。叱るという人の成長を促す行為は、間違いなく愛なのです。

叱れる人って、素敵な人ですね。

 

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »