« 770.どうしてこの人は上手くいくのか | トップページ | 772.エゴがあるからストレスが出る »

2020年7月23日 (木)

771.健康とは、体に感謝すること

「自利利他(じりりた)」という仏教の思想では、自分の心(真我)以外はすべて他人という考え方をします。

ですから「自利利他」の「自」は自分の心だけで、それ以外は自分の体も含めてすべて「他」になります。

すると、自分の体は他人ですから、自分の好き勝手にすると失礼なのですね。

自分の体は、自分の心を入れてくれている大事な入れ物であり、毎日、寝ているときも一瞬も休まず呼吸したり、心臓を動かしたり、消化をしたり、自分を生かしてくれているありがたいものなのです。

しかも、体に異常が発生すると、熱を出したり、痛みやかゆみで教えてくれて、しかも治してくれます。

内臓も同じです。不要なものが入ると、吐いたり下痢をして体の外に出してくれます。

こんなに、自分のために無休、しかも無給で働いてくれる体に感謝しないと罰が当たるのです。

皆さんは、こんな健気な自分の体に感謝して、自分の体を大切にしなくてはという気もちになりませんか?

自分の好きなモノばかり食べないで体が喜ぶものを食べようとか、たまには食事を抜いて胃腸を休ませてあげようとか、たまには歩いて運動不足の足を動かしてあげようとか、大事な血を汚す有害な喫煙は控えようとか・・・。

要するに、体への感謝に気づけば、自然と健康になっていくはずなのですね。

 

|

« 770.どうしてこの人は上手くいくのか | トップページ | 772.エゴがあるからストレスが出る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 770.どうしてこの人は上手くいくのか | トップページ | 772.エゴがあるからストレスが出る »