« 742.感謝と利他はセットである | トップページ | 744.考えよ »

2020年1月 9日 (木)

743.頭でなく心で仕事をする

世の中には、頭で仕事をしている人がたくさんいます。

もちろん、まだまだ私もその一人です。

例えば、コピーを頼まれたとします。

ただコピーをして渡すだけでいいのか、ホッチキス止めするのか、クリップで止めた方がいいのか、クリアーファイルに入れて渡せるようにするのか?封筒は必要か・・・? 

その状況に応じて、やるべき対応は様々ですね。

自分勝手に判断して進めてはいけませんから、「これは〇〇でよろしいですか?」としっかり確かめてから、テキパキと処理をする。

以前、師匠のもとで働いている女性スタッフの方が「師匠から『これはどうなっているんだ?』と質問されたらアウトだと思っています」とおっしゃっていました。

「質問される前にそのくらいのことは先回りしてやっておけ」というのですね。

師匠は「(お前は)気が利かんなあ」とよく言われます・・・(苦笑)。

「師匠が、どう考え、どうしたいのか? そして、それによってどうなるのか?」

師匠のことを思いやって、先回りして完璧な準備をしておくこと、それが大事なのですね。

「〇〇したらもっと助かるだろうな、喜ぶだろうな」と頭でなく、心で仕事をする。

すると、仕事の仕方、表情、態度、内容、出来ばえは、自ずと違ってくるはずですからね。

天も、こういう人が好きなようですよ。

 

 

|

« 742.感謝と利他はセットである | トップページ | 744.考えよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 742.感謝と利他はセットである | トップページ | 744.考えよ »