« 716.教わった通りにやる | トップページ | 718.「楽」するのではなく「楽」しくやる »

2019年7月11日 (木)

717.人前で叱る

皆さんは後輩や部下を人前で叱れますか?

自分の子供にはできても、他人となると難しいのではないでしょうか?

いや最近では、自分の子供でさえも厳しく叱れない親がいるようですね。

師匠は、人前で「厳しく、叱り、教える」と指導してくださっています。

しかし、人前で叱るのは勇気が要るものですね。

私も最初はなかなかできませんでした。

それが、自分が誰よりも必死にがんばっていると「こんなにがんばっている」という自負が自然と生まれ、勝手に叱れるようになってきたのですね。

ここでの大事なポイントは、自分や自分の会社のためでなく、社員のためにがんばっているという自負です。

自分や自分の会社のためにがんばるのは当たり前のことですから、人はついてきません。

他人である社員のためにがんばるという誠意と愛が勇気を与えてくれるのですね。

後ろめたさがない状態、これが勇気を自然と与えてくれるのです。

そして、人前で叱ってもついてくる関係を築かなければなりません。

ただ叱るだけでも人はついてきませんが、人前で叱ってもついてくるには叱る側の人間性が必要です。

普段から、感情で怒らない、言ったことは守る、「この人についていけば大丈夫」という結果を出している・・・。

みんなから信用され信頼されるような人間性がなければ人はついてこないものです。

人前で叱るには、相当な努力が必要なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 716.教わった通りにやる | トップページ | 718.「楽」するのではなく「楽」しくやる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 716.教わった通りにやる | トップページ | 718.「楽」するのではなく「楽」しくやる »