« 708.暗いときは灯りをつける | トップページ | 710.結果を出すと舐められない »

2019年5月16日 (木)

709.試練というダイヤの原石をくれる

それがダイヤの原石と知らなければ、単なる岩石にしか見えませんから、だれも欲しくありません。

自分にとって有難いこと、嬉しいことであれば起きてほしいのですが、困難なこと、厄介なこと、いわゆる試練となると避けたいですね。

師匠は、試練は自分を成長させてくれる磨き砂のようなもので、自分の成長、幸せのためにあると教えてくださっています。

この真理を知らない人は、せっかくの試練から逃げてしまい、楽な道を選んでしまうので一向に成長できないのですね。

試練とは、災難でなくチャンスだったのですね。

試練を一つ乗り越えると、幸せの扉を一つ開くことができる。

こんな有難いことを知らない人は、いつまで経ってもその扉を開くことができないのですね。

試練から逃げる癖をつけてしまったら、本当にもったいないのです。

試練というダイヤの原石を一つでも多く手に入れて、周りについている岩石をコツコツ削っていきましょう。

そして中のダイヤが現れたら、しっかりとカットして輝かせましょう。

ダイヤはそのままでは光りません。カットすることによって輝くのですね。

天はダイヤをそのまま与えてはくれませんから、絶対に騙されないでください。

 

 

|

« 708.暗いときは灯りをつける | トップページ | 710.結果を出すと舐められない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 708.暗いときは灯りをつける | トップページ | 710.結果を出すと舐められない »