« 704.大人になる | トップページ | 706.人生の岐路でどちらを選ぶか »

2019年4月18日 (木)

705.自力をつけると他力がつく

自力(じりき)とは、自分の力です。

他力(たりき)とは、自分以外の周囲の人の力と宇宙の力の二つですね。

12年ほど前に「3つの力」(ブログ№63.2006.12.28) というテーマで書きましたが、師匠は特に二つ目の他力である宇宙の力、運の力を呼び込むようにとご指導くださっています。

実際、師匠はこの力をつかってJALを再生されています。

さて、この宇宙、運の力は、自分が一生懸命にがんばっているとだんだんついてきます。

一生懸命にがんばっていれば周囲の人がだんだんと認めてくれて、一つ目の他力である周囲の人の力を得ることができますね。

しかし、もっともっとがんばっていると天が味方してくれるようになるのです。

不思議な話ですが、本当にそうなっていると私は信じています。

この力を呼び込むには、とにかく一生懸命に出し切ってがんばること、そして自分の損得を越えて相手や周囲のために頑張ることです。

そして感謝の心で生きることです。

この三つを充たしつづけていると宇宙の力、運の力がついてきます。

まさに自力をつけると他力がつくのです。

中学時代に社会科の授業で鎌倉仏教の「他力本願」を学びましたが、「自分は頑張らなくても祈っていれば神様が助けてくれる」と勘違いしていました。

他力は、自力があってはじめて得られることを忘れてはいけないのですね。

|

« 704.大人になる | トップページ | 706.人生の岐路でどちらを選ぶか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 704.大人になる | トップページ | 706.人生の岐路でどちらを選ぶか »