« 688.フィロソフィは心の体幹 | トップページ | 690.石橋を叩いて、悠然と渡る »

2018年12月27日 (木)

689.マグネットフィールド

今年最後の投稿になります。

今年も一年間ブログをお読みいただき誠にありがとうございました。

さて、師匠から教わっている言葉に「マグネットフィールド」があります。

マグネットのフィールドですから、磁場(じば)ですね。

磁石に鉄のクギを近づけるとくっつきますが、そのクギは磁石ではないのに磁力を帯びて、別の鉄のクギをくっつけることができます。

普通の鉄クギが磁石になってしまうのですね。

でも、もとの磁石から離すと磁力はなくなり、普通の鉄クギに戻ってしまいます。

同じように、凡人でも師匠の経営塾に常に通って学んで実践していれば、磁石である師匠の強力な磁力が及んで、少しはまともな経営ができるのですね。

しかし経営塾をやめると磁力はなくなり、ただの人に戻ってしまいます。

この磁力をもった組織、集団のことをマグネットフィールドというのですね。

このマグネットフィールドに属しているうちは磁力を帯びていますから、あたかも自分に実力がついたような錯覚を起こしてしまいますが、いざ離れてしまうと磁力はなくなりもとに戻ってしまうのです。

だから、まだまだ実力のついていない人はマグネットフィールドを離れないほうがいいのですね。

「わかった、もう大丈夫!」と頭でわかっただけで離れてしまう人がたくさんいますが、とっても危ないのです。

|

« 688.フィロソフィは心の体幹 | トップページ | 690.石橋を叩いて、悠然と渡る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 689.マグネットフィールド:

« 688.フィロソフィは心の体幹 | トップページ | 690.石橋を叩いて、悠然と渡る »