« 661.親が子に与える影響は大きい | トップページ | 663.人のこと / 自分のこと という分数式 »

2018年6月21日 (木)

662.人生にはちゃんと生き方がある

人生はその人が生きたいように生きればいいのですが、本当にそれでいいのでしょうか?

なぜなら、自分の生きたいように生きても、幸せになる人と幸せにならない人がいるのですね。

すべての人が幸せになったらいいのに、どうして幸せになる人とならない人が存在してしまうのでしょうか?

師匠によると、幸せになるには法則があって、宇宙に合わせるといいのだと言います。

宇宙とは、愛と誠と調和、そして生成発展という性質をもっているのですね。

愛は優しさ、思いやり、誠は裏表がない誠実な心、調和はみんながバランスよく幸せになっている状態をいいます。

そして生成発展は、コツコツでいいから怠けることなく地道に努力をつづけることです。

これらを守っていると宇宙と波動が合いますから、必ず幸せになっていくのですね。

だから自分勝手に生きてはいけないのです。

また幸せは、5年や10年の幸せなんかでなく、もっともっと長く安定した幸せをいうのです。

幸せと不幸が交互に現れるような波乱万丈の人生ではないのです。

師匠も、「本来は、波乱万丈の人生なんかないんだよ」とおっしゃっています。

幸せに生きるには、ちゃんと生き方があるのです。

|

« 661.親が子に与える影響は大きい | トップページ | 663.人のこと / 自分のこと という分数式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 662.人生にはちゃんと生き方がある:

« 661.親が子に与える影響は大きい | トップページ | 663.人のこと / 自分のこと という分数式 »