« 651.ついてこれるように育てる | トップページ | 653.与える方を多くすると成功する »

2018年4月12日 (木)

652.教えを丸呑みする

師匠は「私の教えを丸呑みしなさい」と言います。

私の教えをつまみ食いしないで、すべてを受け入れなさいと言うのですね。

これは取り入れて、これは気に入らないから取り入れない、これは大変だから取り入れない、というのは「なし」にしなさいということです。

しかし、師匠の教えのレベルはとても高いので、すべてをやるのは本当に不可能に思えてしまいます。

私も18年前にはじめてお世話になったころは、とにかくレベルが高すぎてまったくついていくことができませんでした。

すると、自分の都合のいいところ、自分の得意なところ、自分の賛同できるところ、自分のできるところだけを実践するだけでした。

だからまったく、私の経営、人生は善くなりませんでした。苦しいままでした。

それが16年ほど前の東北秋田での勉強会で、師匠が他人である我々未熟な経営者を本気で育ててくれようとしてくださっている真の姿を垣間見てしまい、「できてもできなくても、この人についていこう」「わかってもわからなくても、この方の言うことをすべて信じて丸呑みしよう」と決心しました。

そのお陰で、私の人生は善い方向へ変わり出し、今の私があります。

師匠も、あの日本を代表する20世紀最高の哲人といわれる中村天風さんを丸呑みしたと暴露してくださっています。

師匠でさえも師と仰ぐ方を丸呑みしたのですから、われわれのような未熟な者がいいとこ取りするなんてもっての外(ほか)ですね。

「いや自分は正しい」という人もいると思います、もし自分が正しければとっくに成功しているはずですよね。だからその人は自分が間違っていることが既に証明されているのです。

今まで培ってきた間違った自分の概念、思想、哲学、考え方なんかにいつまでも執着しないで、今までの自分をすべて捨て、師匠の教えを丸呑みするのが実は成功への近道なのですね。

ちなみに、師匠が師と仰ぐ中村天風さんでさえも、自分の考えをすべて捨て去って師匠カリアッパ氏の教えだけを注ぎ込んだのです。そのお陰で奇跡的に死の病から生還しましたし、20世紀の最高の哲人にまでなったのでした。

|

« 651.ついてこれるように育てる | トップページ | 653.与える方を多くすると成功する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 652.教えを丸呑みする:

« 651.ついてこれるように育てる | トップページ | 653.与える方を多くすると成功する »