« 641.師匠への感謝の手紙 | トップページ | 643.家庭はゆったりするところ »

2018年2月 1日 (木)

642.チェック表をつける

自分の人生を安定した幸せな人生にしようと思えば、やるべきことはいろいろあります。

「努力はしたくないけど幸せにはなりたい」というのは自然界の法則上、無理な話ですからね。

安定した幸せを手に入れるためには、好き勝手に頑張ればいいのではなく、安定して幸せになるための法則や方法を学ばなければなりません。

私も38歳ころまでは、自分勝手に頑張っていたので波瀾万丈の苦しい人生を送っていました。だからそこから抜け出そうと必死にもがいていたのですね。

そして抜け出す方法をいろいろ探し回った末に、やっと辿り着いたのが師匠でした。

師匠の哲学は、中国の古典や陽明学、仏教、西郷隆盛の教え、中村天風哲学、安岡正篤の思想、ジェームスアレンの原因と結果の法則などなど、実にたくさんの思想や哲学をもとに、ご自身が実践して確かめた実学の中から築き上げた独自の哲学なのですね。

その哲学から、私が幸せになるためにやるべきことがいろいろと導き出されてきましたので、その項目を一つひとつ実践して続けていくためにツールとしてチェック表が必要だったのです。

私がつけているチェック表はいたって簡素なもので、横線が上から下に32本、縦線が左から右へ13本の縦型の表で、上から下へと1日から31日まで1ヶ月分のチェックが記入できるようになっています。

また一番上の行はやるべき項目が書き込める幅になっていて、そこに左から順番にCD聴きや運動、瞑想などの項目を書き込んでいます。

あとは、毎日、各項目を実践したかどうかのチェックマーク()を記入していくだけです。

シンプルですが、日々やったかどうかが一目でわかるのでとても役立っています。

手帳やカレンダーに書き込んでもいいのですが、やるべき項目がだんだん増えてくるので手帳では書ききれないのですね。

人間は決めたことがなかなか続けられない生き物ですから、続けるための道具、仕組みとしてのチェック表はとても有効な方法なのですね。

|

« 641.師匠への感謝の手紙 | トップページ | 643.家庭はゆったりするところ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 642.チェック表をつける:

« 641.師匠への感謝の手紙 | トップページ | 643.家庭はゆったりするところ »