« 619.働くこと = 幸せになること | トップページ | 621.自ら求めないと成就しない »

2017年8月31日 (木)

620.ガッカリしない工夫

人間、誰でもガッカリすることがあると思います。

ガッカリすると落ち込んでさらに失敗を繰り返したり、病気になったりします。場合によっては自殺してしまうことだってあります。

私も人生の中で何度もガッカリしてきました。家業の倒産、失恋、試験不合格、裏切り・・・。

そしてすぐには立ち直れなくて、ひどいときは3ヶ月も落ち込んだままなんてこともありましたね(苦笑)。

その3ヶ月は、仕事をしていても、遊んでいても、気持ちが入りませんから、無為な日々を過ごすだけで時間の浪費でしかありませんでした。

しかし最近では、いろいろ勉強したお陰で以下のような意識をもてるようになり、ガッカリすることが極端に減りました。

①期待しない ・・・ 期待するからガッカリするのであって、期待しなければ「まあ仕方ない、またがんばろう、また育てよう」となります。

②人間はみな化け物屋敷 ・・・ 人間はどんな善人でも必ず悪い部分もある、いわゆる化け物屋敷なので、「神様でないのだから何でもあり」と割り切れば気持ちも楽。

③因果を理解する ・・・ 失敗や災難はすべて自分を成長させるために起きるという「因果の法則」をわかってしまえば、もはや不幸はないのでガッカリする必要もない。 

そこで私は、自分にも、子供にも、社員にも、誰にも、あまり期待をしなくなったのです。

期待をするのではなく、成長、成功を祈るようにしたのですね。

成功を祈って必死に努力をし、成長を祈って必死に育てるのですね。

ガッカリしている時間はもったいないのです。

|

« 619.働くこと = 幸せになること | トップページ | 621.自ら求めないと成就しない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 620.ガッカリしない工夫:

« 619.働くこと = 幸せになること | トップページ | 621.自ら求めないと成就しない »