« 612..直接話さないと危ない | トップページ | 614.自由に生きる »

2017年7月13日 (木)

613.病気は直せば治る

病気になると気持ちが落ち込んで、悩んだり、「このまま悪化して死んでしまったらどうしよう」などと悪い方向へどんどん自分を追い込んでしまうことが少なくありません。

でも、病気は治せばいいのですね。

なぜ病気になったのかを、悩まないで考える、調べる、お医者さんに診てもらう。

そして原因や状態がつかめたら、その原因を素直に直す。すると病気は治るのですね。

病気の原因は、一般的には、食べ物、運動不足、ストレス、ウイルスなどです。

食べ物が悪ければ、それを改め、身体によい食べ物に変える。

タバコやお酒も、量をひかえたり、場合によってはやめる。

運動不足であれば、ジムや健康センターに行かなくても、通勤や出張で駅まで歩いたり、電車ではなるべく座らないようにする。

ストレスは、瞑想や座禅などを学んで、ストレスを抑えるのでなく消してしまう練習をする。

自然界の法則の勉強をして、ストレスが発生する原因を理解して、ストレスそのものが発生しないようにする。

自分の都合や利益のことばかり考えていたら、他人のことも考えるようにして、心をゆったりさせる。

許せない人がいたら、因果の法則の勉強をして、実は相手ではなく自分が悪かったことを悟り、その人を許して楽になる。

病気は、自分の考え方や行動などの過ちを教えてくれるありがたい現象です。

謙虚な心で自分の過ちを見つめ、その過ちを素直に直せばいいのです。

すると病気は治るのです。

|

« 612..直接話さないと危ない | トップページ | 614.自由に生きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 613.病気は直せば治る:

« 612..直接話さないと危ない | トップページ | 614.自由に生きる »