« 583.10回に1回聞いてもらう | トップページ | 585.幸せに気づかないと大切なものを失う »

2016年12月22日 (木)

584.エゴを放っておかない

人間として未熟な自分を少しでも高めようと、本を読んだり、経営塾に参加して、「人には優しく」「常に誠実に」「身勝手なことをしない」などなど、毎日、たくさんのことを地道に実践しているのに、たまーに悪い自分、自己中心的な自分が顔を出してきます。

相手に厳しいことを言って傷つけてしまったり、忙しさにかまけてついつい業務が遅れ気味になってしまったり・・・。

まだまだ未熟だなあと反省しています。

心に余裕がある平常時なら理性が働きますから、勉強したとおりに実践できるのですが、仕事や用事がいくつも重なっていっぱいいっぱいのときや、実力がついて自信が過信になったりすると、いつものように自分の機嫌を取ることが難しくなります。

こういうときに、ついついエゴが出てきそうになるんですね。

世の中には平常時でもエゴだらけの人もたくさんいますが、それでは波瀾万丈の人生から抜け出すことができませんから、安定した幸せな人生はほど遠いのです。

平常時でなく、緊急時や大変なとき、すなわち有事のときこそ、勉強したことを活かさなければ意味がないのです。

さて、振り回されない自分を創るにはコツコツ地道に努力するしかありませんが、たとえば先日のブログNo.580 「家庭で練習する」 などはいい訓練になるでしょう。

緊張が解けてエゴが出やすい家庭でこそ実践できれば、職場では簡単ですからね。

毎日頻繁に出てくるエゴをモグラ叩きのように一つひとつ反省しながら撃退していく。

これこそが波瀾万丈の人生から抜け出す効果的な方法なのですね。

|

« 583.10回に1回聞いてもらう | トップページ | 585.幸せに気づかないと大切なものを失う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 584.エゴを放っておかない:

« 583.10回に1回聞いてもらう | トップページ | 585.幸せに気づかないと大切なものを失う »