« 557.座学から実学へ | トップページ | 559.誉められることは報酬である »

2016年6月23日 (木)

558.自分を一段上げて解決する

小学校のときに困っていたことは、中学校になると軽々と解決できます。

中学校のときにあれだけ悩んだことも、高校生になると何てことありません。

高校時代に悩んだことも、大人になれば「何だあんなことで悩んで未熟だったなあ」なんてこともたくさんあるはずです。

ということは、大人になっても自分が成長すれば解決できることがいくらでもあるということになりませんか?

自分を一段上げることによって、それまで解決できなかったことが解決できるようになるということです。

そう考えるならば、今解決できないことがあったとしても、自分を成長させれば大丈夫ということですね。

逆に、自分を成長させずに解決しようとすると、小学生同士、中学生同士が喧嘩をするように、同じレベルの大人同士が喧嘩することになってしまうのです。

だから世の中には揉めごとが多いのですね。訴訟や裁判が多いわけです。

であれば、自分が成長する、大人になるのがいい方法なのです。

自分が大人になれば、腹も立たなくなるし、もはやそれを問題だと認識しなくなることだってありです。

だって、大人は小学生の悩みごとを問題だと認識しないでしょう。

だから小学生に文句を言われても腹が立たないし、小学生程度のことはまったく問題だとは感じないのです。

ものごとを解決するコツは、自分を一段上げること、成長させることなんですね。

|

« 557.座学から実学へ | トップページ | 559.誉められることは報酬である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 558.自分を一段上げて解決する:

« 557.座学から実学へ | トップページ | 559.誉められることは報酬である »