« 545.一日一食で過ごす | トップページ | 547.自分が正しければ上手くいくはず »

2016年3月31日 (木)

546.⑧ プラスαの努力

いろんな努力の8回目。

「今日はこれでおしまい」と勉強や業務を終えようとしたとき、「いや、あと10分がんばろう」「いや、もう1回やってみよう」「いや、もう1件営業していこう」と、もうひと踏ん張りやってみる。

この「あとちょっと」、すなわち「プラスα」が効いてくるのですね。

たった10分でも、1年間に250日やれば2500分。41.6時間にもなるのです。

また、たった1回でも、1年間に250回やれば250回分が経験として蓄積されます。

そしてたった1件でも、1年で250社を営業すれば、何社かは成約につながる話があるはずです。

さらにもっとがんばりたい人は、1年は365日ありますから、250日でとどめずに365日使えますし、それを3年、5年、10年と続けていけば、もっともっと大きな成果が得られますね。

師匠が、「地道な仕事を一歩一歩、堅実にたゆまぬ努力を」と説いてくださっていますが、まさに地道なプラスαが「今日はこれでおしまい」の人との大きな差をプレゼントしてくれるのです。

実際、あと10分といっても10分で済まなくなって20分、30分とがんばってしまうこともありますし、あと1回が3回、5回に自然となりますし、あと1件の営業もついでにもう1件となりますよね。

このプラスαの努力の積み重ねが、将来、圧倒的大差となって具現化してしまうなんて、ほとんどの人が気にしていない、気がついていないのです。

|

« 545.一日一食で過ごす | トップページ | 547.自分が正しければ上手くいくはず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 546.⑧ プラスαの努力:

« 545.一日一食で過ごす | トップページ | 547.自分が正しければ上手くいくはず »