« 528.自分は人から喜ばれる存在だろうか? | トップページ | 530.いろんな努力 »

2015年12月 3日 (木)

529.本当の倍返し

「倍返し」は、ドラマ「半沢直樹」で有名になった言葉ですが、このドラマでの「倍返し」は、やられたら倍にしてやり返すという意味でした。

でも皆さん、冷静に考えてみて、それってどう思いますか?

やられたらやり返す。しかも倍にして・・・。

気持ちはわからないでもありませんが、本当にそれでいいのでしょうか。

それでは戦争といっしょで、やり返せばまた相手に恨みが残りますから、またいつか報復がはじまって、いつまでたっても争いが終わることはないでしょう。

私はちょっと違う「倍返し」を心がけるようにしています。

それは、たとえば誰かに迷惑を掛けてしまったら、その迷惑を掛けた分だけを返すのではなく、その分以上にお返しをする。できれば「倍返し」させていただく気持ちで相手に報いていく。

迷惑を掛けた分だけを返したのでは、相手は元通りになっただけでメリットは何もありません。すると相手には「迷惑を掛けられた」という事実だけが残ります。

しかし「倍返し」をされたら、相手は感動して迷惑を掛けられたことが薄れてしまう、消えてしまうことだってあることでしょう。

同様に、受けた恩もそうですね。

受けた恩の分だけをお返ししたら単なるお返しで相手にメリットがありません。

相手は好意でしてくれて見返りなんて求めてないかもしれませんが、受けた恩に対して「倍返し」をしたらどうなるでしょうか?

相手には感謝の気持ちがもっともっと伝わるでしょうし、きっと喜んでくださるに違いありません。

善いことの「倍返し」。

こう心がけて生きていけたらいいと思いませんか。

|

« 528.自分は人から喜ばれる存在だろうか? | トップページ | 530.いろんな努力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 529.本当の倍返し:

« 528.自分は人から喜ばれる存在だろうか? | トップページ | 530.いろんな努力 »