« 464.時間がかけ算でかかっている | トップページ | 466.自立した経営をする »

2014年9月11日 (木)

465.何もしてなくてもマイナスがかかっている

前回ブログ「時間がかけ算でかかっている」は、さらに深くて、恐い話になっています。

-(マイナス)の時間であると明らかにわかるなら、結果が-(マイナス)となっても仕方がないのですが、何もしていない±(プラスマイナス)0 の時間にも-(マイナス)がかかってくるというのです。

何もしていなければ自分にはまったく悪い影響はないと思うのですが、そうではないのですね。

師匠がわれわれに「因果の法則」を教えてくださる際に引用される有名な書籍「原因と結果の法則」(ジェームスアレン)がありますが、そこには次のように書かれています。

「人間の心は庭のようなものです。

それは知的に耕されることもあれば、野放しにされることもありますが、

そこからはどちらの場合も、必ず何かが生えてきます。

もしあなたが自分の庭に美しい草花の種を蒔かなかったなら、

そこにはやがて雑草の種が無数に舞い落ち、

雑草のみが生い茂ることになります。」

このように、「何もしなくても、雑草が生い茂ってしまう」とジェームスアレンはいっているのですね。

美しい草花の種を蒔く時間以外は、すべてが雑草の種になってしまうというのです。

美しい草花の種を蒔いている時間だけが+(プラス)で、それ以外の時間はすべてが-(マイナス)の時間になってしまうのです。

何もしていないだけで雑草が生えてくるのですから、本当に困ったものです。

自分の人生を好転させていくには、美しい草花の種、すなわち明るく、元気で、素直で、誠実、利他の心、感謝の心でいられるように心がけていることが、とっても大事なのですね。

|

« 464.時間がかけ算でかかっている | トップページ | 466.自立した経営をする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 465.何もしてなくてもマイナスがかかっている:

« 464.時間がかけ算でかかっている | トップページ | 466.自立した経営をする »