« 410.自分を勘定に入れない | トップページ | 412.今、ここ、自分 »

2013年8月29日 (木)

411.幸せだと思える心

道ばたに咲いてる花を見て、きれいだと思う。

それはその花がきれいなのではなく、その人がその花をきれいだと思うからきれいなのですね。

きれいだと思わない人が見ても、その花はきれいではないのです。

花は、ただそこに咲いているだけで、何も変わらないのです。

幸せも、まったく同じです。

同じ状態、同じ境遇でも、幸せだと思えば幸せだし、不幸だと思えば不幸なのです。

実は、自分が幸せだと思えば、いつでもすぐに幸せになれるのです。

今日も身体が動いて、幸せ。

今日もご飯が食べられて、幸せ。

今日も仕事があって、幸せ。

今日も仲間がいて、幸せ。

今日も見守ってくれている人がいて、幸せ。

何でも幸せなのです。

幸せだと思える人には、パワーがみなぎってきて、ラッキーが引き寄せられてきます。

不幸としか思えない人には、残念ながらラッキーは絶対に近づいてこないのです。

|

« 410.自分を勘定に入れない | トップページ | 412.今、ここ、自分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 411.幸せだと思える心:

« 410.自分を勘定に入れない | トップページ | 412.今、ここ、自分 »