« 375.山田方谷(ほうこく)という人 | トップページ | 377.自分を確立する »

2012年12月27日 (木)

376.最後まであきらめない

本年最後の投稿も、師匠から教わっている教えです。

今年もあと5日ですが、今年立てた目標を達成させるために、最後まで気を抜かずにがんばり抜く決意で、今だ臨んでいます。

野球の試合で、9回裏の攻撃。1点負けていて、ランナーはなし。しかも2アウト2ストライク。

自分がバッターBOXに入り、相手ピッチャーが投げた球につまってしまい、ふらふらっと内野フライが上がった。

ここで万事休す。

それでも自分は全力でファーストに走る。

経営コンサルタントの牟田学先生が、講演の最後にこうおっしゃっていました。

「たとえ明日地球が滅亡しようとも、私はリンゴの木を植える」

この姿勢がとても大事です。

今年の夏、息子の高校野球の公式試合を見に行ったとき、13回裏で4対4の同点。ランナーなし。息子のチームの攻撃で、2アウト2ストライクでした。

2年のバッターN君はボテボテのピッチャーゴロ。

だれもが「あーあ」と思った。

相手ピッチャーがゴロを捕球し、下から丁寧にファーストに投げた。

なんと、ファーストが落球したのです。

バッターはセーフになり、次のバッター3年のN君がレフトオーバーの2塁打を放ち、ファーストランナーが一気にホームインして、サヨナラ勝ちでした。

こんなことが現実にあります。

試合が完全に終わるまで、何があるか本当にわからない。

だから、最後まで絶対にあきらめない。

あきらめちゃいけない。

だから、私は最後までがんばります。

|

« 375.山田方谷(ほうこく)という人 | トップページ | 377.自分を確立する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 376.最後まであきらめない:

« 375.山田方谷(ほうこく)という人 | トップページ | 377.自分を確立する »