« 369.五十にして、天命を知る | トップページ | 371.風邪をひかない工夫と努力 »

2012年11月15日 (木)

370.頼まれやすい人になる

ズバリ、「頼まれやすい人」になると、幸せになります!

要するに、出世したり、成功するってことですね。

これは、私の経験からも、また私の身近にいるたくさんの成功者の経験からも、実証済みです。

ではなぜ、「頼まれやすい人」は幸せになるのか?

まず、頼まれやすいということは、人相、人柄がいいということですね。

イライラしてる人、暗い人、怒っていないのに顔が怖い人などなど・・・、こういう人には頼みごとってしにくいですよね。また、頼みごとをするとイヤな顔をする人もいますが、こういう人も同じです。

こういう人たちは頼まれごとをされない代わりに、周りの人もこういう人とはなるべく接したくないですから、人だけでなくて、モノも、情報も、お金も集まらなくなってきます。

「俺は一人で生きていくから、いいんだ!」とうそぶく人もいますが、人間は社会の中の生き物ですから、長い人生、どこかでうまくいかなくなるのですね。

逆に、頼まれごとを引き受けてがんばっている人には、人、モノ、情報、お金が集まってきますし、頼まれごとをこなしていると、いろんな能力や技術などが自然と身に付いてきます。

また、頼んだ人や周囲からの評価も上がりますから、いろんなチャンスを次から次へと与えられるようにもなります。

私の身近にいるたくさんの成功者も、ほとんどがこのパターンでチャンスを与えられ、自然と成功への道を歩んでいるのです。

だから、損だなんて思わずに、自分から手を挙げて、頼まれごとを引き受けていくほうがいいのです。

だって、あなたが試合に出たくても出られない補欠のスポーツ選手だとして、監督から「次の試合に出てみるか?」と言わたら、「ハイ、喜んで」と答えるでしょ!

このチャンスで活躍すれば、レギュラー選手への道が拓かれるのですからね。

「安い給料、同じ給料で、頼まれごとをしたら損だ」なんて考えないで、いつも人相をよくして、積極的に頼まれごとを引き受けていきましょう。

絶対に、あなたは幸せになりますから。

|

« 369.五十にして、天命を知る | トップページ | 371.風邪をひかない工夫と努力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 370.頼まれやすい人になる:

« 369.五十にして、天命を知る | トップページ | 371.風邪をひかない工夫と努力 »