« 232.【64】『私の経営12ヶ条』 第8条「燃える闘魂」⑥ | トップページ | 234.説得力 その2 »

2010年4月 1日 (木)

233.説得力 その1

聞いてもらえる身なりから

相手に納得してもらうには、どうするのか? いわゆる「説得力」の話です。

今回は“その1”として、初歩的な話です。

まず「どう表現するか、どう説明するか」という伝えるためのテクニックも大切ですが、相手に与える第一印象のほうが、実ははるかに重要な要素となります。

心理学者アルバート・メラビアンの「メラビアンの法則」によると、第一印象で受ける影響の55%は、態度・身振り・などの身体からのもので、声の大きさや抑揚が38%、言語そのものはたったの7%だそうです。予想外ですね。

ということは、どんなに素晴らしい内容の話をしても、汚い格好をしていたり、声が小さかったり、表情がさえなければ、相手には伝わらない可能性が大きいということなんですね。

わが社では、2ヶ月に1回は床屋に行く、茶髪長髪はダメ、ツメを切る、靴の色は黒、ひじをついて食事をしないなど、様々な細かいことを決めていますが、この第一印象のためでもあるんですね。そして、できる限り、明るく元気で、笑顔でいることが求められます。

次に、やっと説明の仕方になります。

難しいことをいかに簡単にして、わかりやすい言葉などに置き換えて説明できるかがポイントです。

数値で示したり、身近な例で表したり、簡単な図表にしたりする。色分けしたり、○でくくったり、線でつないだり・・・とね。

そして、説明する上での心持ちは、相手の幸せを真剣に願い、真摯に、誠実に、権謀術策は絶対に使わない、駆け引きしない。けっして対立型ではなく、調和型で接する。

そうは言っても、簡単にはできませんから、説明の仕方などをよく勉強し、練習します。

また、他人の話を素直に聴き、自らが率先垂範し、言行を一致させます。人の悪口や文句も言わないように気をつけます。謙虚な態度を心がけます。

「説得力」って、実は、けっこう大変なんですよね。

|

« 232.【64】『私の経営12ヶ条』 第8条「燃える闘魂」⑥ | トップページ | 234.説得力 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 233.説得力 その1:

« 232.【64】『私の経営12ヶ条』 第8条「燃える闘魂」⑥ | トップページ | 234.説得力 その2 »