« 111.中小社長の誤った常識 | トップページ | 113.J1復帰に意味 »

2007年12月 6日 (木)

112.矯正(強制)ギブス

頭で分かっていても、なかなかできないことって、沢山ありますよね。

“分かっちゃいるけど、できない!止められない!” だから人間なんだ、ともいえます。

でも、アレもコレもできないと、「どうして、俺はこうなんだろう」と、時にはストレスを感じてしまいます。私は意志が弱い方なので、いろいろなことを決めても、なかなか実行ができず、また実行できても長続きしなかったのです。

しかし、この壁をクリアーしないと、経営も、人生も好転していかない。

そこで、ひと工夫をしました。

考えたのは、No.82ブログの中の座禅のような強制的に自分を直していくもので、私はこれを『矯正(強制)ギブス』と名付けています。

具体的にいうと、イヤでイヤで仕方がない団体の事務局を思い切って引き受けてしまう。「○○をやります」と無謀にも宣言してしまう。早朝5~6時からのお客様との面談をどんどん入れてしまう。自分の力ではかなり難しいお役を引き受けてしまう、などなど・・・。

で、この『矯正(強制)ギブス』の気になる効果はというと・・・、

例えば、あるお役をお受けして、人がやりたがらないイヤなこと、貧乏クジとも思える雑用をニコニコこなす練習をしてみました。すると、流石に打たれ強くなって気が長くなりましたね。座禅との相乗効果も生まて、これはトイレ掃除と同様の効果がありました。

また、早朝にお客様との面談を入れてしまったので、早起きが苦手な私も流石に起きないわけにはいきませんでした。(笑)

下手なセミナーの講師も、めげずに何度も繰り返していたので、人前でも不思議と緊張しなくなって、そこそこのご評価をいただけるようになりました。それに、講師を務めるためには、講演時間の何倍かの直前準備と、普段からの勉強や実践、頭の中での整理が必要ですから、元来勉強好きでない私でも勤勉にならざるをえなかったという訳ですね。

これらの『矯正(強制)ギブス』は、有り難いことに原価は1円もかからず無料です。経営や人生を良くしたい方、また今よりももっと良くしたい方は、是非、積極的に使ってみるといいと思います。必ず、効果ありです。

|

« 111.中小社長の誤った常識 | トップページ | 113.J1復帰に意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 112.矯正(強制)ギブス:

« 111.中小社長の誤った常識 | トップページ | 113.J1復帰に意味 »