« 93.「原因と結果の法則」 | トップページ | 95.プールから海へ »

2007年8月 2日 (木)

94.「原因と結果の法則」つづき

前回 93.「原因と結果の法則」 のつづきです。

もう少し具体的に説明すると、「スイカの種を蒔いたのに、メロンができる」ということは絶対にない、ということです。スイカの種を蒔けば、スイカができるわけで、しかも収穫までに、水をやったり、肥料をやったり、草取りをしたりします。すなわち、スイカができるという「結果」のためには、スイカの種を蒔いて、スイカができるように手入れをするという「原因」がなければ、収穫はできないのです。

当たり前すぎて、ごめんなさい。でも、どうも、こんな当たり前の法則から、この世の中は出来上がっているのですね。

人より努力もしないで、人より事業が上手くいくことはないし、自分だけ多くお金が入ることはありません。しっかり耕して、種を蒔いて、手入れをしないと、それ相応の収穫はないのですね。「原因」の質と量に応じて「結果」が訪れるのです。

でも、ちょっとここで問題です! 努力もしないのに運のいい人はどうなんだ?

これは、一つには、親や周り人の恩などのお陰で、自分だけが「原因」をつくったのではありませんから、身に覚えのない幸運が舞い込んだときは、素直にその幸運に感謝して、今まで以上によい「原因」づくりをした方がいいでしょう。でないと、もしかしたら不運を呼び込むかもしれませんね。

だって、「 原因 = 結果 」 になりませんから。

これは簡単な算数です。世の中、実はシンプルにできているみたいです。

さて、信じるも八卦(はっけ)、信じないも八卦(はっけ)。

|

« 93.「原因と結果の法則」 | トップページ | 95.プールから海へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 94.「原因と結果の法則」つづき:

« 93.「原因と結果の法則」 | トップページ | 95.プールから海へ »