« 76.稲盛万能マトリクス | トップページ | 78.うちの社長は違う! »

2007年4月 5日 (木)

77.自分は麦めしでも・・・

人を育てる上で、とても大事なお話です。

『自分は麦めし食っても、社員には米のめしを食べさせなさい!』

この言葉は、私のブログによくお出ましいただく、㈱TKC創始者・故 飯塚 毅 TKC全国会名誉会長の言葉です。10年前に聴いたとき、それは強烈でした。

要するに、「社員が先だ」ということですね。

京セラ・稲盛和夫名誉会長も、「愛馬進軍歌」(人馬一体で戦場に赴く兵隊さんと馬の気持ちを歌った曲)を歌いながら、歌詞の中にでてくる「泣いて馬草を食わせたぞ~」の部分を引用して、「兵隊さんも、自分がお腹が空いているのに、まずは命がけで頑張ってくれた馬の方に真っ先に馬草を食べさせるんですね。社長たる者、社員にはこうでなければいけないんですね。」と、社員とのベクトルをなかなか合わせられない我々未熟な経営者に向かって教えてくれているのです。

社員が、たまには上等のお肉が食べられるように、自動車が買えるように、結婚ができるように、家が持てるように・・・。

社員がまともに給料がとれるようになるまでは、さらには、自分の会社の貸借対照表(B/S)が安全な数値になるまでは、社長の給料は上げてはイカンのです。

「“まずは自分から”というような社長は、リーダーの資格なし!」

この言葉が耳から離れなかった私は、ただただ愚直にこれを実行してきたというわけです。 合掌

|

« 76.稲盛万能マトリクス | トップページ | 78.うちの社長は違う! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 77.自分は麦めしでも・・・:

« 76.稲盛万能マトリクス | トップページ | 78.うちの社長は違う! »