« 67.横綱は更に倍の稽古を積む | トップページ | 69.小学校で税金教室 »

2007年2月 1日 (木)

68.小確幸(しょうかっこう)

先月の1月23日は、友人Kの命日でした。

友人Kとは、高校・大学と一緒で、Kの誘いでサークルも同じでした。ラグビーを観戦したり、テニスをしたり、お酒もよく呑みました。とても楽しかった。

それが、地元S銀行に就職が決まった卒業直前の1月、高速道路での自動車事故で、Kは帰らぬ人になってしまった。 悲しくて、悲しくて・・・。

あれから20年余。今年も、お墓参りに行ってまいりました。

そして、いつも思い出すのが、僕の何倍も辛かった友人Kのガールフレンドのことで、その彼女が当時教えてくれた『小確幸(しょうかっこう)』という言葉が忘れられません。

彼女曰く、「小さな 確実な 幸せ と書いて 『小確幸』というんです。どんな小さなことでも、いま確実にあることが幸せ・ ・ ・。 」 

ジンときてしまいました。

「知足(足るを知る)」という大人になって教わった人生の「智慧」を、この彼女からとっくに教わっていたのでした。

幸せって、実は、遠くにあるのではなくて、もっと身近なところにあるんですね。

友人Kを偲び、謹んで合掌。

|

« 67.横綱は更に倍の稽古を積む | トップページ | 69.小学校で税金教室 »

コメント

村田先生の雑感楽しみさせていただいております。
「幸せって、実は、遠くにあるのではなくて、もっと身近なところにあるんですね」
本当にそうですね。一日が終わる頃、そう思います。

はじめてコメントさせていただきます。
愛知県在住で、TKC会員、明治大学商学部出身の税理士の中垣と申します。
今月、盛和塾の豊橋の講演会にゲストで先生のお話を伺いに行きます。当日楽しみにしております!!


投稿: 中垣健 | 2007年2月 1日 (木) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 68.小確幸(しょうかっこう):

« 67.横綱は更に倍の稽古を積む | トップページ | 69.小学校で税金教室 »