« 3.まず守る | トップページ | 5.幸せになってほしい »

2005年11月10日 (木)

4.大きな岩がグラッと動いた!

11月6日、将棋界アマチュアの瀬川晶司さん(35歳)が、プロ編入試験六番勝負の第5局に勝って3勝目をあげ、見事プロ棋士となりました。おめでとうございます。

編入試験が行われたのは、故花村元司九段以来61年ぶりだというのです。ビックリです。

将棋といえば、羽生善治9段があまりにも有名ですが、将棋でプロになるには、奨励会という棋士養成機関に入門し、26歳までに4段にならないと強制退会となり、なんと永久にプロの道を断たれるというのです。

私は32歳で税理士になりましたが、もし26歳という年齢制限があったらと思うとゾッとします。

こんなに厳しい将棋界の厚い厚い壁を瀬川さんが突き破ったわけです。大きな岩がグラッと動いた瞬間です。

「前例がない」、「誰もやったことがないから無理だ」、「だって決まりでしょ」 ・ ・ ・ 。 人間というのは、なんと言い訳をして誤魔化してしまうのが得意な動物か。

でも、瀬川さんは違った。一度は恨んだ将棋に魅せられて、誰にも負けない熱意で将棋に打ち込んでいった。

ものごとは、自分で決めつけてはいけないんですね。

「大きな岩は必ず動く」  プロ棋士、瀬川四段に教えていただきました。

|

« 3.まず守る | トップページ | 5.幸せになってほしい »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4.大きな岩がグラッと動いた!:

« 3.まず守る | トップページ | 5.幸せになってほしい »